全国を旅して 出会いを音楽に変える

社会貢献活動

たくさんの出会いの中、ご縁があった場所で、音楽の力を借りながら、ささやかなお手伝いをしています。

南アフリカに移動図書館車を贈る活動

幼い頃、母が学校図書館の司書教諭をしていたこともあり、図書館という空間が大好きで、学生時代は図書館でアルバイトをしていました。アルバイトでお世話になっていた図書館の20周年をきっかけに、「図書館で会いましょう」という歌を作りました。そしてご縁をいただき、日本中の図書館関係者が集う「全国図書館大会」で披露させていただいたのですが、その時、とても素敵な活動をされているNPO法人さんに出会いました。

そのNPOの名前は、SAPESI-JAPANさん。日本で使われなくなった移動図書館車を、南アフリカに贈る活動をされています。代表の蓮沼忠さんは、とてもキラキラとした、パワフルな方で、SONY南アフリカの支社長だったころ、ネルソン・マンデラ元大統領と出会い、南アフリカの教育について語り合い、意気投合され、今でも南アフリカに残り、子どもたちのための活動を続けておられます。南アフリカは、地域によってはまったく学校に図書館がなく、日本から届いた移動図書館車が大活躍しているそうです。

ホスピスでの演奏活動

佐賀県にある県立病院「好生館」の緩和ケア病棟(ホスピス)では、毎週金曜日になると地域の方がボランティアで「ひまわり喫茶」という温かい会を開いています。
 
そこでは、地域のボランティアの方が集まってケーキやお菓子、コーヒーを出したり、絵本の読み聞かせやピアノ、コーラス、ギターなどの演奏も行われています。
 

ボランティアさんの中には、「ひまわり喫茶」をずっと支えておられるお坊さんがいて、クリスマスの時期になると讃美歌を歌いに来てくれるキリスト教の方もいて、宗教も越えて、みんなで温かい空間を作っているように感じます。

日本人学校での演奏活動

おうちの人の転勤などで、ふるさと日本を遠く離れて、海外で暮らしている子どもたちがいます。慣れない文化、通じない言葉、厳しい環境の中で、一生懸命子ども時代を生きているみなさんに出会い、心を動かされ、日本人学校でのコンサートをはじめました。これまで、ローマ、アムステルダム、アブダビ、チューリッヒ、台北、サンパウロ、ウィーンなどの日本人学校を訪問させていただきました。その中で生まれた歌が「世界中のまだ見ぬ友へ」と「世界を旅する音楽室」です。世界中の子どもたちとと、音楽や映像でつながっていける企画を考えています。