全国を旅して 出会いを音楽に変える

「ゆげひる」第2章 〜お客さんゼロ人からの再出発!?〜

15年前に結成した、

比留間 光悦(ひるまこうえつ)くん

とのユニット「ゆげひる」。

とにかく声がよく融けあう、

そっくりな歌声の同級生コンビだ。

もともとは、一人ずつのミュージシャン。

こうちゃんはライブハウスでの活動や

ダンス教室の講師で大忙しで、

僕も、学校での活動があった。

それでも、二人でハモるのが楽しくて

5年前までは、

「毎月一度は、無理してでも集まろう」

と、一緒にCDを作ったり、

車で全国を回った。

そうした中で、

お互いの本来やりたい活動が

少しずつできてきた頃、

「無理してでも集まろう」

「無理はしないようにしよう」

に変わっていき、

いつのまにか、

ほとんど一緒に歌わなくなっていた。

そんな期間を経て、こうちゃんから

地元のショッピングモールでの演奏に

声をかけてもらった。

ショッピングモール。

久しく歌っていなかった場所だ。

お客さまは、僕たちを知らずに

たまたま買い物に来た方たち。

果たして、まったく知らない、

二人の35歳の歌に足を止めてくれるのか…

前日の会場下見で、不安がよぎった。

「明日は、ゆげひるの再出発だね。

お客さんゼロ人かもしれないね。

いきなりオリジナル歌ったら

引かれちゃうから、最初はカバーで…」

と弱音を吐く弓削田。

しかし、比留間こうちゃんは違った。

「俺ら、今日まで、一生懸命やってきたやん。

全部、オリジナル曲で行こうや。絶対大丈夫!ゆげちゃん自信もってや!苦しんで苦しんで、自分たちが最高と思った曲、作ってきたやんか!」

(こうちゃんが関西弁なのも、明るいのも、こうちゃんが関西生まれだからである。)

そして迎えた当日。

ショッピングモールでの

再出発はどうなったのか…

来てくださった方と「ゆげひる」だけの

秘密です。

(紅の豚の最期のシーンの真似)

↑シェアはこちらから↑
【この記事を書いた人】
弓削田健介(ゆげたけんすけ)
合唱作曲家。主に小中学生が歌う合唱曲を作曲。2020年より音楽の教科書に楽曲が掲載(小学校4年生・教育芸術社)。
キャンピングカーを拠点に合唱曲が歌われている日本全国の小中学校、海外日本人学校などで2000回を超えるスクールコンサートを行う。
旅から得た気づき、出会いと感動を元に作曲するスタイルで、5冊の楽譜集と絵本を出版。
NHK全国放送(おはよう日本)、NHKワールドなど多数のテレビ出演をきっかけに、「放浪の合唱作曲家」と呼ばれる。

Amazon著者ページ「弓削田健介」
YouTube「世界を旅する音楽室」

関連記事

LINE@版「放浪記」

『小中学校の先生限定』
LINEにて、指導に役立つ資料(動画や練習音源)を配布しています。
友だち追加
はじめてのかたへ(弓削田健介)
講演依頼

16曲入りベストCD

カテゴリー

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031