世界を旅する 出会いから音楽が生まれる
    

愛知教育大学附属名古屋小学校でスクールコンサート

11月の演奏は、
愛知県の附属小学校からスタート。

元・教育実習生としては「附属」と聞くと
特別な想いが蘇ります。

去年は「越えてゆけ」や「HAPPY MUSIC」
今年は「はじまりの歌」に取り組んで下さっていて
一緒に歌うことができ、幸せな時間でした。

「最近はコロナよりインフルが流行している」とのこと。
それでも、みんなで歌ったり、
ハイタッチしたりして交流できました。

その地域の教育をリードしている「附属」でも
ここまで元通りにコンサートができたことが、
大きな喜びでした。

11月は全国19箇所で20公演回ります。
「右手に歌、左手に旅。」が、
ようやく元に戻ってきた感じです。

日々準備している、
大阪での「絵本いのちのまつり20周年」
も、とても楽しみ。

※インスタグラムでも情報発信を始めたので、
良かったらフォローよろしくお願いします。
(まだ137人の弱小アカウントです。)

↑シェアはこちらから↑
【この記事を書いた人】
弓削田健介(ゆげたけんすけ)
合唱作曲家。主に小中学生が歌う合唱曲を作曲。2020年より音楽の教科書に楽曲が掲載(小学校4年生・教育芸術社)。
キャンピングカーを拠点に合唱曲が歌われている日本全国の小中学校、海外日本人学校などで2000回を超えるスクールコンサートを行う。
旅から得た気づき、出会いと感動を元に作曲するスタイルで、5冊の楽譜集と絵本を出版。
NHK全国放送(おはよう日本)、NHKワールドなど多数のテレビ出演をきっかけに、「放浪の合唱作曲家」と呼ばれる。

Amazon著者ページ「弓削田健介」
YouTube「世界を旅する音楽室」

関連記事

LINE@版「放浪記」

『小中学校の先生限定』
LINEにて、指導に役立つ資料(動画や練習音源)を配布しています。
友だち追加
はじめてのかたへ(弓削田健介)
講演依頼

16曲入りベストCD

カテゴリー

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031