全国を旅して 出会いを音楽に変える


明日へ(歌詞)

青い風に 吹かれて
明日思う ぼくらがいる
遙かな風を 受けて
心ふるえ 熱く燃える

どこまで行けるか わからないけど
ぼくらは走り出す 明日へ

そうさ果てなく続く道を行くぼくら
向かい風の時も 嵐の夜も 夜も
ぼくらのことを 何かが呼ぶから
まだ見ぬ明日へと 走って行くよ

昇る朝陽 見つめて
今を走る ぼくらがいる
たとえ どんな時でも
燃える想い 忘れないよ

孤独や不安を 乗り越えて
ぼくらは大人に なってゆく

遙か時の流れを越えて行くぼくら
苦しいこともある 傷つくことも
だけど「遠く!高く!」 心が叫ぶから
行く手を恐れずに 走って行くよ

ぼくら どこまで行けば 辿り着けるだろう
何が待つのかさえ わからないけど
きっと きっと行くよ 辿り着いてみせるよ
輝く明日へと 走って行くよ

明日へ(ピアノ伴奏)

この記事を書いた人

弓削田健介(ゆげたけんすけ)

作曲家。主に小中学生が教室で歌う合唱曲を作曲(2020年より小学校の音楽教科書に楽曲が掲載) 全国を旅しながら年間150〜200回のスクールコンサートを行い、旅で得た体験を元に合唱曲を作曲。

児童合唱団との映像教材の制作や、日本の絶景と共に歌うユニット「Singing Beautiful Japan」としても活動中。

この記事の「シェア」での応援を、よろしくお願いします☆
よく読まれている人気記事:

Related Posts

LINE@版「放浪記」

音声で「旅から得た気づき」をお届けします。
スマホの方は↓↓から登録できます。 友だち追加
はじめてのかたへ(弓削田健介)
講演依頼

5月20日発売!16曲入りベストCD

カテゴリー

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930