全国を旅して 出会いを音楽に変える

遠い日の歌(歌詞)

人はただ 風の中を
迷いながら 歩き続ける
その胸に はるか空で
呼びかける 遠い日の歌

ルルルル………..

人はただ 風の中を
祈りながら 歩き続ける
その道で いつの日にか
めぐり合う 遠い日の歌

ララララララ…………

人は今 風の中で
燃える思い 抱きしめている
その胸に 満ちあふれて
ときめかす 遠い日の歌

ララララララ…………

 

 

(許諾番号9020135001Y38029)

作詞:岩沢千早
作曲:橋本祥路

 

この曲について

中学二年生のとき、校内合唱コンクールで、隣のクラスが歌っていて、その美しさに衝撃を受けた曲です。素晴らしい歌ですね。ドイツの作曲家ヨハン・パッヘルベル作曲の『カノン』がモチーフになっています。1982年に発表された歌で、作曲は橋本祥路さん、作詞が岩沢千早さん。橋本祥路先生は、学校教育で歌われているたくさんの名曲を作曲したレジェンドです。

 

 

遠い日の歌(伴奏)

LINE@版「放浪記」

音声で「旅から得た気づき」をお届けします。
スマホの方は↓↓から登録できます。 友だち追加
はじめてのかたへ(弓削田健介)
講演依頼

5月20日発売!16曲入りベストCD

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31