全国を旅して 出会いを音楽に変える

広がりをやめないウイルスの布団の中で、現実と想像の間を旅したくなった。

いつからだろう。遠慮のかたまりのような文章で、自分さえ読み返さない日記を書くようになったのは。
そしていつからだろう。「大人の事情」に失望して、日記を書かなくなったのは。

「入院中に日記、全部読んだよ、面白かった」と言ってくれた人がいた。誰にも気を使わずに面白おかしく書いて、写真もアップできない携帯ホームページに綴っていた学生時代の日記だ。いま、あの人がまた、運動会のゴールの瞬間骨を折って、病室のベッドの上で僕の日記を読んでもすぐにやめるだろう。忖度ばかりの日記は、面白くない。

あの頃とは違うから、誰も嫌な気持ちにならないように・・・とキョロキョロして何も書けなくなってしまったが、「想像です。フィクションです」という言い訳と、登場人物に語らせる、という技術があれば、骨を折ったK御門さんや、あなたも、楽しみに読んでくれる文章がかけるかもしれない。

小説家なんかは、想像と現実の狭間を行き来しながら文章をつむぐロープーなんだろう。ロープーとは、「プロ」の業界用語だ。「小説家はロープーのオイニー、ンプンプだ」と書き、この業界用語を訳すと「プロのニオイがプンプン」となる。一木弘行ティーチャーが教えてくれた。

というわけで、コロナちゃんは移動しにくい環境と引き換えに、これまでの旅を振り返りながら、想像と組み合わせて好き勝手なことを書くチャンスをくれたのだ。

というわけで、「放浪記」。気が向いたときにブログに書いていくから、読んでね。

小説化→テレビドラマ化→自分で主題歌を書く(笑)。

 

『日記』2020.7.6

いちにちのおわりは
プラグぜんぶはずして
こころのかいだんおりていく
かすかなろうそくのあかり

そうげんのようなそらのような
たどりついた
ひろいひろいかみのうえ

ぼくがだまると
にっきは かたりだす
せかいにぽつんと
いかされたささやかなそんぞい、ぼく
そしてあなたの ひとつきりの ものがたり

むきあいたくない わすれたい
かんじょうもあったけど
にげもさけもしなくていい

かなしみはきえないけど
あしたはべつのかたちになって
よりそってくれるから

まっしろなページのうえで
せつないともだちとハグしよう
それがあすへつづく日記
あたらしいじぶんとであう日記

この記事を書いた人

弓削田健介(ゆげたけんすけ)

作曲家。主に小中学生が教室で歌う合唱曲を作曲(2020年より小学校の音楽教科書に楽曲が掲載) 全国を旅しながら年間150〜200回のスクールコンサートを行い、旅で得た体験を元に合唱曲を作曲。

児童合唱団との映像教材の制作や、日本の絶景と共に歌うユニット「Singing Beautiful Japan」としても活動中。

この記事の「シェア」での応援を、よろしくお願いします☆
よく読まれている人気記事:

Related Posts

LINE@版「放浪記」

音声で「旅から得た気づき」をお届けします。
スマホの方は↓↓から登録できます。 友だち追加
はじめてのかたへ(弓削田健介)
講演依頼

5月20日発売!16曲入りベストCD

カテゴリー

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930