全国を旅して 出会いを音楽に変える

書きながら選んでいくインクのいろ

これまでの旅をまとめて「小説版の放浪記」を書き始めるわけだが、旅のスタートはどうしよう、何歳ってことにしようか、旅の仲間は?とか、いろいろ考え中だよ。

まずは、自分が楽しまないとね。「自分が読みたいことを書けばいい」って、田中さんっていうコピーライターの人も言ってたよ。

清さんとか寅さんみたいに、毎回ヒロインを登場させようか。藤子不二雄Aさんの「まんが道」みたいに、ちょっと親切にしてもらっただけで恋に落ちようか。

主人公に敵はいるのかな?権威主義者とか、偉そうにする人とか。それに、山下清放浪記みたいにするなら、最後に大逆転しなきゃいけないよね。清さんは、絵の天才だから、あれが成り立つんだよね。

あと、ご飯だね。食べ物とアートと、ほのかな恋。

それから、仲間は、小林ゆうきくんとか、藤原ジュンさんみたいなそれぞれの地域でがんばってるアーティストとの出会いもいい。

それを女性ってことにしたら、ちょうどいいかも。ゆうきくんみたいな書家さんを女性に変えて、ゆうきくんが教えてくれた大切なことをその女の子に言ってもらおう。

旅は鹿児島から北に行こうか。目的地は?東京?北海道?九州一周したらいったん終わる?

鹿児島は、種子島も屋久島も行ったから、屋久島スタートにしようか。新出くんのお母さんが図書館では働いてる。よし、決まりだ。屋久島からスタートだ!

弓削田健介放浪記、はじまるよ。お楽しみに!

「物語」

胸ポケットに山ほどある
書きかけの手紙たち
「ありがとう」も「ごめんね」も
じゅうぶんに言えたためしがない
100年に一度の「愛してる」も

心の教室で 居残りしてる子こたち
歌に変わった言葉の何倍も何倍も

お母さんのお迎えまで
ブランコの額縁からのぞく太陽と
はみ出した夕焼け絵具のハーモニー
風模様に合わせて揺れている

インクに変えるなら ペンの先を温めながら

書きながら選んでいく文字から
青春の懐かしい香り

物語は未完成が多いから
いまのうち 今日のうち
思うがまま 前だけ向いて
時間が来たら書くだけ

いつか笑顔に変わる放浪記
はじまる はじまる

この記事を書いた人

弓削田健介(ゆげたけんすけ)

作曲家。主に小中学生が教室で歌う合唱曲を作曲(2020年より小学校の音楽教科書に楽曲が掲載) 全国を旅しながら年間150~200回のスクールコンサートを行い、旅で得た体験を元に合唱曲を作曲。

児童合唱団との映像教材の制作や、日本の絶景と共に歌うユニット「Singing Beautiful Japan」としても活動中。

よく読まれている人気記事:

Leave a Reply

LINE@版「放浪記」

音声で「旅から得た気づき」をお届けします。
スマホの方は↓↓から登録できます。 友だち追加
はじめてのかたへ(弓削田健介)
講演依頼

5月20日発売!16曲入りベストCD

カテゴリー

2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
error: Content is protected !!