全国を旅して 出会いを音楽に変える

日野原重明先生とミュージカル「いのちのおはなし」

 「朗読と唄でつづる「いのちのおはなし」日野原重明を囲む会in佐賀」

日野原先生が小学生に向けて伝えている「いのちのおはなし」 と
それを広めているお母さんグループ「エフ・フィールド」の活動に感動して
佐賀の演劇家青柳達也さんと作った短い物語。

朗読と演奏を日野原先生に聴いていただく機会をいただき、
先生の前で緊張しながら演奏しました。

この時の出会いが、ミュージカル「いのちのおはなし」へとつながっていきます。

ミュージカル「いのちのおはなし」挿入歌

https://yugeblog.com/mysong/hontoudayo/

このミュージカルができるまで

音楽療法学会の会長もされている、
「100歳の現役医師」で有名な日野原重明先生のことを題材に、
ミュージカル作品を作らせていただきました。

このミュージカルを作らせていただいたきっかけは、 三重県で出会った、エフフィールドという ボランティア団体との出会いです。
エフフィールドのホームページはこちら

日野原先生の、後世に残したい大切なメッセージを 地域のお母さんたちが小学校に行って、
日野原先生のDVDを見せたりしながら 代わりに授業をして、伝える。

代表の成田さんに、三重県で何度もお世話になったので 何か、僕にできるお手伝いはないかなぁと考え、
ミュージカルを作曲したのが始まり。

演劇家の青柳達也さん、 ティーンズミュージカルSAGAの栗原誠治さんや 音楽監督フルティ、作曲家の先輩江口朱美さん・・・
そしてもちろん、演じてくれた子どもたち!
たくさんの方に協力していただき 日野原先生ご本人に観ていただくことができました。
写真は、日野原先生の楽屋にて。 一日、とても幸せな時間でした。

この日のTMSのブログはこちら

↑シェアはこちらから↑
【この記事を書いた人】
弓削田健介(ゆげたけんすけ)
合唱作曲家。主に小中学生が歌う合唱曲を作曲。2020年より音楽の教科書に楽曲が掲載(小学校4年生・教育芸術社)。
キャンピングカーを拠点に合唱曲が歌われている日本全国の小中学校、海外日本人学校などで2000回を超えるスクールコンサートを行う。
旅から得た気づき、出会いと感動を元に作曲するスタイルで、5冊の楽譜集と絵本を出版。
NHK全国放送(おはよう日本)、NHKワールドなど多数のテレビ出演をきっかけに、「放浪の合唱作曲家」と呼ばれる。

Amazon著者ページ「弓削田健介」
YouTube「世界を旅する音楽室」

関連記事

LINE@版「放浪記」

『小中学校の先生限定』
LINEにて、指導に役立つ資料(動画や練習音源)を配布しています。
友だち追加
はじめてのかたへ(弓削田健介)
講演依頼

16曲入りベストCD

カテゴリー

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829