全国を旅して 出会いを音楽に変える

合唱曲「春に」(詩:谷川俊太郎)

 

春に (歌詞)

この気持ちは何だろう
この気持ちは何だろう
目に見えないエネルギーの流れが
大地から足の裏を伝わって
この気持ちは何だろう
この気持ちは何だろう
ぼくの腹へ胸へそしてのどへ
声にならない叫びとなってこみ上げる
この気持ちは何だろう

枝の先のふくらんだ
新芽が心をつつく
喜びだしかし悲しみでもある
苛立ちだしかも安らぎがある
憧れだそして怒りが隠れている
心のダムに堰き止められ
よどみ渦巻きせめぎ合い
今あふれようとする

この気持ちは何だろう
この気持ちは何だろう
あの空のあの青に手をひたしたい
まだ会ったことのないすべての人と
会ってみたい話してみたい
明日と 明後日が一度に来るといい
ぼくはもどかしい

地平線のかなたへと歩き続けたい
そのくせじっとしていたい
この草の上でじっとしていたい
声にならない叫びとなってこみ上げる
この気持ちは何だろう

 

作詞:谷川俊太郎
作曲:木下牧子

(許諾番号9020135001Y38029)

 

この曲について

教科書に掲載の谷川俊太郎さんの「春に」の合唱曲です。
『春に』は、『地平線の彼方へ』という題の5篇の詩からなる連作です。

1 春に
2 サッカーによせて
3 二十億光年の孤独
4 卒業式
5 ネロ~愛された小さな犬に

 

 

「春に」「春が来た」「春の小川」「どこかで春が」などなど、
「春」という言葉が曲名に入った歌が、たくさんある中、
春日北中学校創立20周年を記念して「春はいま」という合唱曲をつくりました。
よかったらこちらも聞いてください。

 

「春はいま」

春はいま 春はいま
私の胸にある
歩き出す新しい空 見上げて

夢を見る 夢を見る
あなたと小さな喜びを
わけあえる あすの日

故郷(ふるさと)の風はいつも 優しい顔で守ってくれる
高めあう友の絆は 心のコンパスになった

物語がはじまる 限りない未来に帆をあげよう

春が来た 春が来た
僕らの空に来た
踏みだそう新しい夢 あたためて

さよならは さよならは
笑顔で歌おう 忘れないで
どこにいても つながっている

未知に立ち止まるときは
あの日のように 先ず動きだそう
大切な仲間に会える

春はいま 春はいま
私の胸にある
歩き出す新しい空 見上げて

夢をいま 夢をいま
あなたと始めよう
忘れないよ 輝く日々 その眼差し
ありがとう さようなら ありがとう

 

(平成27年度春日北中学校三年生 原案)

作詞・作曲 弓削田健介

 

 

 

LINE@版「放浪記」

音声で「旅から得た気づき」をお届けします。
スマホの方は↓↓から登録できます。 友だち追加
はじめてのかたへ(弓削田健介)
講演依頼

5月20日発売!16曲入りベストCD

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031