全国を旅して 出会いを音楽に変える

仙台に到着。いつもより温かいかな。空港から電車で25分で仙台駅へ。すぐ近くに、仙台イングリッシュセンター(未来の杜学園)があり、学園歌を作らせてもらったことがきっかけで、毎年卒業式で演奏させてもらっている。

8年前の3月11日は、札幌校での卒業式を終えて、仙台校に向かう飛行機に乗る準備をしていた。ジンギスカンを食べていたら、地震が起こった。校長先生の誕生日だった。先生ご夫妻が、いち早く福島空港に行き先を変え、仙台市の学校に戻られていった姿は、目に焼き付いている。ぼくたちは、福岡に戻るようにと飛行機に乗せてもらった。

あの日から8年と4日。先生は71歳になられていた。変わらないバイタリティと情熱に、吹き飛ばされそうになる。世界をまたにかけながら、次々と新しい事業を成功させている。

今日は、卒業生のバヤラトさんの馬頭琴と合わせ練習、学生さんたちと合唱の練習をした。ベトナムの子達は、ニコニコ優しい笑顔で、とても爽やかだ。

2025年を境に、外国人労働者の方々に福祉の分野でも活躍してもらわないと日本を支えられなくなる時代が来るそうだ。この素晴らしい日本語学校の卒業生が、きっとリーダーになってくれるだろう。

スピーチコンテストで勝ち抜いた男の子のスピーチのバックに音楽をつけることになった。リクエストは、ドラゴンボールのブルマの歌。調べてみると「ロマンチックあげるよ」だった。僕たちも幼い頃に聴いていた歌だ。コード進行をみると、とてもおしゃれ。勉強になる〜。まさか、留学生にこの曲の魅力を教えてもらう日が来るとは。

LINE@版「放浪記」

音声で「旅から得た気づき」をお届けします。
スマホの方は↓↓から登録できます。 友だち追加
はじめてのかたへ(弓削田健介)
講演依頼

5月20日発売!16曲入りベストCD

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031