世界を旅する 出会いから音楽が生まれる
    

Amazonランキング1位|弓削田健介作品集「Dream&Dream~夢をつなごう~」

「いいか弓削田。俺はバスケ、お前は合唱。
日本ではマイナーなスポーツと、マイナーな音楽だな。」

バスケの名コーチとして、九州からバスケの全日本に、
たくさんの選手を送り出してきた
大学時代の親友「いまもっちゃん」が
そんな風に言っていたのを思い出す。

いまもっちゃんは、こう続けた。

「中学校でバスケは今、人気がなくて、サッカー部とか野球部に子どもたちが
たくさん集まるんだ。でもな。マイナースポーツとかメジャースポーツとか、
俺には関係ねぇ。そんな言葉に惑わされずに、
好きなことを好きなだけ、とことん追及していくんだ。
俺はバスケが大好きな子どもに、いつでも最高のコーチができるように、
このマイナーなバスケというスポーツを極めるんだ。
お前も、合唱というマイナーな音楽かもしれんが、
歌うのが大好きな子どもたちに、最高の歌を届けろ。
お互いの道で、がんばろうぜ。」

いまもっちゃんの教え子たちのバスケの試合を、
一度だけ観に行ったことがある。
佐賀で34校中34位だった
ある小学校のバスケ部の監督になったいまもっちゃんが、
1年でチームを育て上げ、県の主要三大会のうち2つに優勝し、
三連覇にチャレンジした時の試合だ。

試合が始まったコートをみて、息をのんだ。
いまもっちゃんのチームは、明らかに背の小さな子たちばかり。
相手は背の高い子たちばかり。この身長差で、果たして勝てるのか。

しかしその小さな子どもたちが、
縦横無尽にコートを駆け回り、相手を翻弄していく。

横断幕には「小さかったら、高く飛べばいい」と書いてあった。
いまもっちゃんと保護者さんで作った、チームの合言葉だ。

試合終了の笛が鳴って、
いまもっちゃんが「うおぉぉぉ」と声を上げてガッツポーズをした時、
子どもたちがいまもっちゃんに駆け寄っていった時。
感動して、涙が出た。

いまもっちゃんはその後、
どんどんコーチとしての腕を発揮していき、
強豪並み居る福岡でも次々と実績を上げ、
全日本にたくさんの選手を輩出している。

「Amazonのランキングで1位になってるよ」
と友達が教えてくれて、
「合唱の楽譜ってマイナーな分野だからなぁ」と思いながらも
やっぱり嬉しくて、
いまもっちゃんのことを思い出しました。

この「1位」はあっという間に明日にはなくなるものかもしれませんし、
「1位」よりも、ずっと歌われ続けることが大事、って思っているんですが、
やっぱりうれしい。
いつも応援してくれている、みなさんのおかげです。
本当にありがとうございます。

↑シェアはこちらから↑
【この記事を書いた人】
弓削田健介(ゆげたけんすけ)
合唱作曲家。主に小中学生が歌う合唱曲を作曲。2020年より音楽の教科書に楽曲が掲載(小学校4年生・教育芸術社)。
キャンピングカーを拠点に合唱曲が歌われている日本全国の小中学校、海外日本人学校などで2000回を超えるスクールコンサートを行う。
旅から得た気づき、出会いと感動を元に作曲するスタイルで、5冊の楽譜集と絵本を出版。
NHK全国放送(おはよう日本)、NHKワールドなど多数のテレビ出演をきっかけに、「放浪の合唱作曲家」と呼ばれる。

Amazon著者ページ「弓削田健介」
YouTube「世界を旅する音楽室」

関連記事

LINE@版「放浪記」

『小中学校の先生限定』
LINEにて、指導に役立つ資料(動画や練習音源)を配布しています。
友だち追加
はじめてのかたへ(弓削田健介)
講演依頼

16曲入りベストCD

カテゴリー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930