全国を旅して 出会いを音楽に変える

旅立ちの日に(合唱曲)歌詞&解説


旅立ちの日に(解説)

こんにちは。合唱作曲家の弓削田健介です。

プロフィール

卒業式の定番合唱曲「旅立ちの日に」をご紹介します。

旅立ちの日に(歌詞)

白い光の中に 山並みは萌えて
はるかな空の果てまでも 君は飛び立つ
限りなく青い空に 心ふるわせ
自由をかける鳥よ 振り返ることもせず

勇気を翼に込めて 希望の風に乗り
この広い大空に 夢を託して

懐かしい友の声 ふとよみがえる
意味もないいさかいに 泣いたあの時
心通った嬉しさに 抱き合った日よ
みんな過ぎたけれど 思い出強くだいて

勇気を翼に込めて 希望の風に乗り
この広い大空に 夢を託して

今 別れの時 飛び立とう 未来信じて
はずむ 若い力 信じて
この広い この広い 大空に

今 別れの時 飛び立とう 未来信じて
はずむ 若い力 信じて
この広い この広い 大空に

 

作詞:小嶋登
作曲:坂本浩美

(許諾番号9020135001Y38029)

この曲について

1991年に埼玉県の秩父市立影森中学校の先生方が作られた合唱曲です。
作詞は当時の校長の小嶋登先生、作曲は音楽教諭の坂本浩美(現・高橋浩美)先生。
口語調の言葉で書かれた詩が、特徴的で、やわらかなメロディーとともに
先生方の生徒に対する深い愛情が、伝わってきます。

今では、卒業式の定番曲になっている1曲です。

 

卒業式・立志式には「次の空へ」

「次の空へ」は
これまで自分を振り返り、これからの夢を描き、
感謝や決意を伝える立志式や卒業式におすすめの合唱曲です。

 

 

次の空へ (歌詞)

10年後の僕を
遠い空に浮かべる
心の荷物降ろして
素直に戻って

真っ青のキャンバスに
たくさんの笑顔
その中で少しだけ大人になった僕も
一緒に笑ってる

生きて行く素晴らしさを
少しわかり始めた夏の日
君と見た夢の続き
僕は歩いてゆくよ

10年前の僕は
僕の夢を知らない
音楽が始まる前の
静けさのように

大好きな仲間たち
大切な家族
守られて少しだけ大人になれたんだ
時には泣きながら

たくさんの優しさから
とても素敵な夢に出会えた
「ありがとう」を抱きしめて
歩こう 次の空へ

作詞・作曲:弓削田健介

 

「次の空へ」についてはこちらのページで詳しく書いてますので
よかったら、読んでいただけると嬉しいです。↓

立志式の歌「次の空へ(混声合唱&同声合唱)」

この記事を書いた人

弓削田健介(ゆげたけんすけ)

作曲家。主に小中学生が教室で歌う合唱曲を作曲(2020年より小学校の音楽教科書に楽曲が掲載) 全国を旅しながら年間150〜200回のスクールコンサートを行い、旅で得た体験を元に合唱曲を作曲。

児童合唱団との映像教材の制作や、日本の絶景と共に歌うユニット「Singing Beautiful Japan」としても活動中。

この記事の「シェア」での応援を、よろしくお願いします☆
よく読まれている人気記事:

Related Posts

LINE@版「放浪記」

音声で「旅から得た気づき」をお届けします。
スマホの方は↓↓から登録できます。 友だち追加
はじめてのかたへ(弓削田健介)
講演依頼

5月20日発売!16曲入りベストCD

カテゴリー

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930