全国を旅して 出会いを音楽に変える


「メイサ!学校に行かないで、なにしてるんだ。」

メイサ
「ごめんなさい……。お父さんのカメラ、勝手に……。」


「あっ!
これはな、うちがずっと大切にしてきたものなんだ!他のとは違うんだよ!」

メイサ
「ごめんなさい!この間ね、雲の形が、大空を自由に飛んでいる鳥みたいに見えて…
ものすごくきれいだったから。つい・・・。
この写真だよ!(さっき貼ったポスターを指差し)お父さん喜んでくれると思って・・・」


「うるさい!何がカメラだ。何が写真だ!
将来のことを考えろ!もう、写真じゃ、食っていけないんだよ!
お前が学校に行かないのは・・・こいつのせいか!こんなものがあるからいけないんだ!」
お父さんは、写真を派手に破いてしまう。

メイサ
「なにするの!ひどい!!」


「うるさい!写真なんて、ただの紙切れじゃないか!!」

メイサ
「お父さん!!やめて、やめて!!ひどいよ!どうしちゃったの?
私、今日から寮にいくんだよ。離れ離れになるんだよ!」


「おお、そうかそうか、あんなに行くなと言ったのに。あまったれが!
いいぞ、出ていけ!好きにしろ!ただな、出ていくなら、その上着は脱いでいけ!」

メイサ
「えっ!なんで!?」


「それは、オレが買ってやったものだろうが。さあ、置いていけ。」

メイサ、怖くなって上着を脱ぐ。

母、慌てて出てくる
「あなた!!!なにしてるの!」 母、メイサを父から遠ざけながら
「ごめんねメイサ。お父さんちょっと飲みすぎてるみたい……ごめんね、ごめんね」


「何が全寮制のフリースクールだ!普通に学校に行けばいいものを。ただの贅沢だろうが!
…さあ、その靴も脱いでいけ!靴下もだ!オレからもらったもの全部ここに置いて、出ていけ!!」

メイサ
「お父さんからもらったもの全部・・・(心臓を押さえる。「命」を想像させるために、たっぷりと)
だったら、この命もそうでしょう・・・じゃあ、ここに置いていくから!!!
もう、こんな命なんて・・・いらない!!!」


「ちくしょー!!!」(手を振り上げ、メイサを叩こうとする)


「やめて!やめて!(お母さん、止めにはいる。)メイサ、もう、行くよ。荷物、まとめなさい。」

メイサ、母、出ていく。暗くなり、お父さんにピンスポットが当たる。


「本当に行ってしまった…。ちくしょーちくしょ~!!
母さん…(空に向かってに話しかけるように)
おれ、おれ・・・どうしたら、いいのかな・・・」

この記事を書いた人

弓削田健介(ゆげたけんすけ)

作曲家。主に小中学生が教室で歌う合唱曲を作曲(2020年より小学校の音楽教科書に楽曲が掲載) 全国を旅しながら年間150〜200回のスクールコンサートを行い、旅で得た体験を元に合唱曲を作曲。

児童合唱団との映像教材の制作や、日本の絶景と共に歌うユニット「Singing Beautiful Japan」としても活動中。

この記事の「シェア」での応援を、よろしくお願いします☆
よく読まれている人気記事:

Related Posts

LINE@版「放浪記」

音声で「旅から得た気づき」をお届けします。
スマホの方は↓↓から登録できます。 友だち追加
はじめてのかたへ(弓削田健介)
講演依頼

5月20日発売!16曲入りベストCD

カテゴリー

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031