全国を旅して 出会いを音楽に変える

あした天気になあれ

バスが夕焼けに染まる街を走っている光景を、夢に見ました。そのバスが通学のバスなのか、小学生の時に通ったピアノ教室の帰り道に乗ったバスなのか、仲間たちと共に、日本から南アフリカに贈ったバスかは、はっきり解りません。世界中どの街にも、バスが来るのを楽しみに待っている子どもたちがいて、自分も昔、その1人だったことを思い出しました。

 

あした天気になあれ(歌詞)

夕焼けに染まったバスは
思い出をのせて
美しい黄昏の街を
やさしく走る

今日も一日楽しかったね
でこぼこ道に咲く 花も歌ってる

あした天気になあれ
あした天気になあれ
揺れるバスの窓から
一番星がわらった

今日も一日楽しかったね
あたたかい笑顔で 手を振るのは誰
あした天気になあれ
あした天気になあれ

揺れるバスの窓から
一番星がわらった

 

Related Posts

LINE@版「放浪記」

音声で「旅から得た気づき」をお届けします。
スマホの方は↓↓から登録できます。 友だち追加
はじめてのかたへ(弓削田健介)
講演依頼

5月20日発売!16曲入りベストCD

カテゴリー

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031