全国を旅して 出会いを音楽に変える

空駆ける天馬(歌詞&ピアノ伴奏)|中学校合唱コンクール人気曲

「世界を旅する音楽室」へようこそ!

こんにちは。作曲家の弓削田健介です。


プロフィール

今日は、中学校の合唱コンクールで人気の高い「空駆ける天馬」の歌詞、伴奏、合唱のポイントなどを紹介いたします。

さっそうと駆ける天馬の足音が聴こえてきそうなテンポで表現されていて、ソプラノ、アルト、テノール、すべてのパートが主役の迫力の一曲です。

この天馬とは、ペガスス座のことで、曲の後半部分には、アンドロメダ(星座または銀河)やスワンの星座といった星座も出てきます。スワンの星座は、はくちょう座のことです。合唱コンクールが行われるにぴったりの曲ではないでしょうか。

合唱のポイント

出だしから、とてもリズミカルにはじまるので、発音をはっきりと伴奏にのって声もはずませて歌ってみましょう。

「白銀の道を~」も、「はくぎんのみちを~」と、1文字ずつはっきり歌うことを意識して、「を~」の伸ばしのクレッシェンドがポイントです。

「地の声を たずさえて 天の声を 訪ねに」を大切に歌いながら、聴いているみんなを天馬の世界へと、ひきこんでいきましょう。

変化していく速度や強弱地の声と天の声の違い、実際の星座、ペガサス、アンドロメダ、はくちょう座が彩る秋の情景を思い浮かべながら歌ってみましょう。

空駆ける天馬(歌詞)

銀の翼を 光らせて
秋の夜空を 駆けてゆく天馬

雲の峰(みね)突き抜けて 真北に向かう
ごらん 駿馬(しゅんめ)の 駆けてゆく

白銀の道を

風さえのけぞる 静まりかえる
銀の翼を 光らせて
秋の夜空を 駆けてゆく天馬

地の声を 携(たずさ)えて
天の声を 訪ねに

アンドロメダを西南に
スワンの星座を東南の
遥か彼方をあとにして

銀のたてがみ 光らせて
秋の夜空を 駆けてゆく天馬

 

作詞:館蓬莱 作曲:黒澤吉徳


(許諾番号9020135001Y38029)

空駆ける天馬(ピアノ伴奏)

空駆ける天馬(混声合唱版全パート)

ソプラノ音取り音源

アルト音取り音源

男声音取り音源

おわりに

このサイトでは、小中学校の音楽の授業で役立てていただける情報を発信していきたいと思っております。小中学校の行事や音楽会で使える合唱曲も作っていますので、聴いていただけたら嬉しいです。

周年行事・音楽会にオススメの合唱曲リスト

 

 

 

この記事を書いた人

弓削田健介(ゆげたけんすけ)

作曲家。主に小中学生が教室で歌う合唱曲を作曲(2020年より小学校の音楽教科書に楽曲が掲載) 全国を旅しながら年間150〜200回のスクールコンサートを行い、旅で得た体験を元に合唱曲を作曲。

児童合唱団との映像教材の制作や、日本の絶景と共に歌うユニット「Singing Beautiful Japan」としても活動中。

この記事の「シェア」での応援を、よろしくお願いします☆
よく読まれている人気記事:

Related Posts

LINE@版「放浪記」

音声で「旅から得た気づき」をお届けします。
スマホの方は↓↓から登録できます。 友だち追加
はじめてのかたへ(弓削田健介)
講演依頼

5月20日発売!16曲入りベストCD

カテゴリー

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930