全国を旅して 出会いを音楽に変える


YELL 歌詞

「”わたし”は今 どこに在るの」と
踏みしめた足跡を 何度も見つめ返す
枯葉を抱き 秋めく窓辺に
かじかんだ指先で夢を描いた

翼はあるのに飛べずにいるんだ
1人になるのが恐くてつらくて
優しいひだまりに 肩寄せる日々を
越えて 僕ら 孤独な夢へと 歩く

サヨナラは悲しい言葉じゃない
それぞれの夢へと 僕らをつなぐYELL

ともに過ごした日々を胸に抱いて
飛び立つよ独りで未来の 空へ

僕らは なぜ 答えを焦って
宛ての無い暗がりに 自己を探すのだろう

誰かを ただ 想う涙も
真っ直ぐな笑顔も ここに在るのに

永遠など無いと(気づいたときから)
笑いあったあの日も(唄い合ったあの日も)
強く(深く)胸に 刻まれていく
だからこそあなたは(だからこそ僕らは)
他の誰でもない(誰にも負けない)
声を(挙げて)
わたしを生きていくよと(生きていくよと)
約束したんだ
ひとり(ひとり)ひとつ(ひとつ)
道を 選んだ

サヨナラは悲しい言葉じゃない
それぞれの夢へと僕らをつなぐ YELL

いつかまためぐり逢うそのときまで
忘れはしない誇りよ 友よ 空へ

僕らが分かち合う言葉がある
こころからこころへ声を繋ぐ YELL

ともに過ごした日々を胸に抱いて
飛び立つよ 独りで 未来の 空へ

作詞:作曲 水野良樹


(許諾番号9020135001Y38029)

この曲について

2009年度NHK全国音楽コンクール中学校の部の課題曲のために書き下ろされた、「いきものがかり」の楽曲。切ないメロディーと中学生の揺れ動く心に響く優しいハーモニーで、卒業シーズンにぴったりのこの曲。いろんな試練に立ち向かう若者へ、この歌でエールを。

この記事を書いた人

弓削田健介(ゆげたけんすけ)

作曲家。主に小中学生が教室で歌う合唱曲を作曲(2020年より小学校の音楽教科書に楽曲が掲載) 全国を旅しながら年間150〜200回のスクールコンサートを行い、旅で得た体験を元に合唱曲を作曲。

児童合唱団との映像教材の制作や、日本の絶景と共に歌うユニット「Singing Beautiful Japan」としても活動中。

この記事の「シェア」での応援を、よろしくお願いします☆
よく読まれている人気記事:

Related Posts

LINE@版「放浪記」

音声で「旅から得た気づき」をお届けします。
スマホの方は↓↓から登録できます。 友だち追加
はじめてのかたへ(弓削田健介)
講演依頼

5月20日発売!16曲入りベストCD

カテゴリー

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930