全国を旅して 出会いを音楽に変える

仙台イングリッシュセンター日本語科

「日本語を勉強して、
日本の大学に通って、技術を身につけて、
いい仕事について、親孝行がしたい。世界に貢献したい。」

卒業生のスピーチ・コンテストで、
半年とか1年とかしか日本にいないのに、
めちゃくちゃ上手な日本語で話す留学生たち。

中国、ベトナム、モンゴル、フィリピン・・・
故郷は様々。
故郷みんなでお金を出してもらって、
留学させてもらっている、と話す学生さんたちが、
適当に勉強するはずがない。

毎年、このスピーチコンテストは、
感動の時間。

そして、その凄い熱気のコンテストの後での
卒業生へのコンサートは、
一年間の自分の成長を試される時間でもある。

写真は校長先生夫妻。
65歳になられた校長先生は、今でも世界中飛び回って、
学校の説明会を開かれている。
法律に詳しく、
入国かんり局からの信頼も熱い。

日本と世界の架け橋、最前線の、
挑戦し続ける大先輩に、パワーもらいました。

[sc name="adsense1"]

この記事を書いた人

弓削田健介(ゆげたけんすけ)

作曲家。主に小中学生が教室で歌う合唱曲を作曲(2020年より小学校の音楽教科書に楽曲が掲載) 全国を旅しながら年間150〜200回のスクールコンサートを行い、旅で得た体験を元に合唱曲を作曲。

児童合唱団との映像教材の制作や、日本の絶景と共に歌うユニット「Singing Beautiful Japan」としても活動中。

この記事の「シェア」での応援を、よろしくお願いします☆
よく読まれている人気記事:

Related Posts

LINE@版「放浪記」

音声で「旅から得た気づき」をお届けします。
スマホの方は↓↓から登録できます。 友だち追加
はじめてのかたへ(弓削田健介)
講演依頼

5月20日発売!16曲入りベストCD

カテゴリー

2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
error: Content is protected !!