全国を旅して 出会いを音楽に変える

タップダンス修行、再開

今日は福岡の小郡駅前にて、タップダンスのレッスン。

講師は「ゆげひる」の相方、比留間光悦くんだ。比留間くんは、小さい頃から社交ダンスをやったり、ギターやピアノを弾いていたのだ。アーティストになるために生まれてきたような男である。

足が全然ついていかない。タップダンスにも色々種類があるようだが、座学よりも今はひたすら板を踏むのみ!

どんなにいい先生についても、練習しなければ絶対うまくならない。やる気があるうちに、ここで宣言しなければ。必ずタップダンスを習得してみせる!そのためには毎日少しでも、練習を続けると。

南アフリカに行くまでに、子どもたちに披露できるくらいに、なっておくことか、当面の目標。がんばるぞ!

この記事を書いた人

弓削田健介(ゆげたけんすけ)

作曲家。主に小中学生が教室で歌う合唱曲を作曲(2020年より小学校の音楽教科書に楽曲が掲載) 全国を旅しながら年間150~200回のスクールコンサートを行い、旅で得た体験を元に合唱曲を作曲。

児童合唱団との映像教材の制作や、日本の絶景と共に歌うユニット「Singing Beautiful Japan」としても活動中。

よく読まれている人気記事:

LINE@版「放浪記」

音声で「旅から得た気づき」をお届けします。
スマホの方は↓↓から登録できます。 友だち追加
はじめてのかたへ(弓削田健介)
講演依頼

5月20日発売!16曲入りベストCD

カテゴリー

2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
error: Content is protected !!