全国を旅して 出会いを音楽に変える

いま合唱編曲の「しあげ」をしているのは、「つぼみのうた」と言う、東北生まれの曲です。

東日本大震災があった2011年から、東北での音楽活動が始まりましたが、その時、仲間たち(比留間くんや、大志くんなどなど)を何度も何度も、東北に連れて行ってくれたのが、九州に工場のあるクロレラ工業という会社だったんです。

そのクロレラ工業の東北支店長だったのが、この曲をプレゼントした松原さん。僕たちは、親しみを込めて「まっちゃん」と呼んでいました。

あれから10年経っても、なかなか芽の出ない、僕たちをいつも応援してくれていた、まっちゃん。30回続けたライブ配信も、毎回仲間に呼びかけてみてくれていました。

最初は、まっちゃんに「ありがとう」を伝えたくて歌っていましたが、このコロナや、乗り越えないといけないことが様々と起こり、いつしか、この曲はライブ配信のテーマ曲のようになりました。

「もうすぐ もうすぐ つぼみが ひらくよ」

そう繰り返し歌いながら、もう少しもう少しがんばってみようと思えたのです。

「もうすぐ もうすぐ つぼみが ひらくよ」

と歌うだけで、まっちゃんや、東北で出会ったいろんな人がそばにいてくれる気がしています。

合唱活動はなかなか再開できない世の中ですが、いつか皆さんにお届けしたい大切な曲になりそうです。しっかりと仕上げたいと思います。

つぼみの歌(弾き語りver.)

つぼみのうた(歌詞)

(1番)
みどりの風が吹いたら
懐かしい季節に会える
きらめく光の中で
あたらしい自分になろう

涙は歌に変わる
雪がとけるように
あなたの限りない
優しさにつつまれて

もうすぐ もうすぐ
つぼみが開くよ
あなたと育てた
希望の花だよ

もうすぐ もうすぐ
つぼみが開くよ
みんなで守った
小さな夢のともしび

(2番)
あなたは春になって
ひだまりになって
ぬくもり分けてくれる
いつまでも いつまでも

もうすぐ もうすぐ
つぼみが開くよ
あなたが愛した
笑顔の花だよ

もうすぐ もうすぐ
つぼみが開くよ
喜び集めた花束
あなたに贈ろう

作詞・作曲:弓削田健介

この記事を書いた人

弓削田健介(ゆげたけんすけ)

作曲家。主に小中学生が教室で歌う合唱曲を作曲(2020年より小学校の音楽教科書に楽曲が掲載) 全国を旅しながら年間150〜200回のスクールコンサートを行い、旅で得た体験を元に合唱曲を作曲。

児童合唱団との映像教材の制作や、日本の絶景と共に歌うユニット「Singing Beautiful Japan」としても活動中。

この記事の「シェア」での応援を、よろしくお願いします☆
よく読まれている人気記事:

Related Posts

LINE@版「放浪記」

音声で「旅から得た気づき」をお届けします。
スマホの方は↓↓から登録できます。 友だち追加
はじめてのかたへ(弓削田健介)
講演依頼

5月20日発売!16曲入りベストCD

カテゴリー

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930