全国を旅して 出会いを音楽に変える

まなざしアーチ(佐賀市子どもへのまなざし運動テーマソング)歌詞

まなざしアーチ(歌詞)

(1番)
行ってきますと 駆け出すきみの
背中はとうに 小さく遠く
ぼくのまなざしの届かない
曲がり角の先へ

きみの行く手を さえぎるものが
今日も明日もありませんように
ぼくの願いが 届くように
おひさまを見上げて

そうだ まなざしアーチをつくろうよ
手と手をむすんで となりの人と
校門へつづく道すじを
すきまなく埋めて

(2番)
「おかえり」あのねの 声がほしくて
はやる心 足どりに乗せて
玄関のドア 開けてみたら
きみはもう 夢の中

今日はなにをして遊んでたの
今日はどんなふうに笑ってたの
疲れた体を 横たえて
寝顔に語りかけ

そうだ まなざしホームをつくろうよ
いつもより早く おうちへ帰ろう
ごはんの香りと 笑い声
待っているから

(3番)
きみの名前を 窓越しに呼ぶ
友のもとへと 階段降りて
飛び出すきみの ひとみはほら
かがやきにあふれて

遅くなるなと 声かけながら
行き先知れずの 探検隊
見えなくなるまで 見送るよ
土曜日のひととき

そうだ まなざしタウンをつくろうよ
街行く子どもは みんな親の子
まなざしの花を街中に 咲かせてみようよ

そうだ まなざしアーチをつくろうよ
手と手をむすんで となりの人と
未来へつづく道すじを
すきまなく埋めて

ぼくらのやくめは
まもること かわること
きみのやくめは
すすむこと いきること

そうだ まなざしアーチをつくろうよ
手と手をむすんで となりの人と
未来へつづく道すじを
まなざしアーチで
すきまなく埋めて

この記事を書いた人

弓削田健介(ゆげたけんすけ)

作曲家。主に小中学生が教室で歌う合唱曲を作曲(2020年より小学校の音楽教科書に楽曲が掲載) 全国を旅しながら年間150〜200回のスクールコンサートを行い、旅で得た体験を元に合唱曲を作曲。

児童合唱団との映像教材の制作や、日本の絶景と共に歌うユニット「Singing Beautiful Japan」としても活動中。

この記事の「シェア」での応援を、よろしくお願いします☆
よく読まれている人気記事:

Related Posts

LINE@版「放浪記」

音声で「旅から得た気づき」をお届けします。
スマホの方は↓↓から登録できます。 友だち追加
はじめてのかたへ(弓削田健介)
講演依頼

5月20日発売!16曲入りベストCD

カテゴリー

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930