全国を旅して 出会いを音楽に変える

星の世界(歌詞付き)小学生の音楽6年生掲載曲

「世界を旅する音楽室」へようこそ!

こんにちは。作曲家の弓削田健介です。


プロフィール

今日は小学校6年生の教科書に掲載されている「星の世界」の紹介をしたいと思います。

この「星の世界」は、讃美歌『いつくしみ深き』として結婚式などでも、よく歌われているので、誰もがどこかで耳にしたことのあるメロディーではないでしょうか。

この歌を作詞したのはアイルランド人のジョセフ・スクライヴェン (1819 – 1886) 。カナダの学校で教師として過ごしていた彼は、一生を不幸な人や貧しい人への奉仕活動に捧げた人でした。『いつくしみ深き』は、闘病生活をしていた母親をなぐさめるためと、彼自身が、婚約者を事故と病気で2度も亡くした悲しみの中でもイエスを信頼する気持ちを綴った詩と言われています。

日本では、明治43年(1910年)に杉谷代水の作詞により、文部省唱歌『星の界(よ)』として紹介され、その後、川路柳虹の作詞による『星の世界』として伝えられています。

やわらなか和音の響きと「いつくしみ深き」「星の界」「星の世界」それぞれの歌詞が、いつまでもこだまする1曲です。

星の世界(歌詞)

かがやく夜空の 星の光よ
まばたく数多(あまた)の 遠い世界よ
ふけゆく秋の夜 すみわたる空
のぞめば不思議な 星の世界よ

きらめく光は 玉か黄金(こがね)
宇宙の広さを しみじみ思う
やさしい光に まばたく星座
のぞめば不思議な 星の世界よ

 

作詞:川路柳虹 作曲:コンヴァース


(許諾番号9020135001Y38029)

リコーダー三重奏

星の世界(ピアノ伴奏)

星の世界(賛美歌312番)

いつくしみ深き友なるイェスは
罪とが憂いをとり去りたもう
心の嘆きを包まず述べて
などかは下ろさぬ負える重荷を

いつくしみ深き友なるイェスは
われらの弱きを知りて憐れむ
悩み悲しみに沈める時も
祈りに応えて慰めたまわん

いつくしみ深き友なるイェスは
変わらぬ愛もて導きたもう
世の友われらを棄て去る時も
祈りに応えて労わりたまわん

作詞:ジョセフ・スクライヴェン 作曲:コンヴァース

おわりに

このサイトでは、小中学校の音楽の授業で役立てていただける情報を発信していきたいと思っております。小中学校の行事や音楽会で使える合唱曲も作っていますので、聴いていただけたら嬉しいです。

音楽会にオススメの合唱曲リスト

 

 

 

この記事を書いた人

弓削田健介(ゆげたけんすけ)

作曲家。主に小中学生が教室で歌う合唱曲を作曲(2020年より小学校の音楽教科書に楽曲が掲載) 全国を旅しながら年間150〜200回のスクールコンサートを行い、旅で得た体験を元に合唱曲を作曲。

児童合唱団との映像教材の制作や、日本の絶景と共に歌うユニット「Singing Beautiful Japan」としても活動中。

この記事の「シェア」での応援を、よろしくお願いします☆
よく読まれている人気記事:

Related Posts

LINE@版「放浪記」

音声で「旅から得た気づき」をお届けします。
スマホの方は↓↓から登録できます。 友だち追加
はじめてのかたへ(弓削田健介)
講演依頼

5月20日発売!16曲入りベストCD

カテゴリー

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930