全国を旅して 出会いを音楽に変える

ふるさと(歌詞付き)小学生の音楽6年生掲載曲

「世界を旅する音楽室」へようこそ!

こんにちは。作曲家の弓削田健介です。


プロフィール

今日は小学校6年生の教科書に掲載されている文部省唱歌「ふるさと」の紹介をしたいと思います。

1914年発行の教科書のために作られた曲で文部省唱歌の中でも人気の高い曲で1998年の長野オリンピック閉会式でも歌われたそうです。幼い頃に歌った歌は、ずっと心に残っていて、ふと口ずさんでいたりします。そんな「ふるさと」のような曲を作ることができたら、ずっと子どもたちにメッセージを届けられるのではないかと思い、作曲家の道に進みました。

「ふるさと」は、作詞:高野辰之 作曲:岡野貞一の作品で、この二人が残した作品には、

「おぼろ月夜」「春の小川」「はるがきた」「もみじ」「ひのまる」 などがあり、どれも今でもたくさん人に親しまれている故郷を感じる唱歌です。

歌詞について

・「かの山」「かの川」=あの山、あの川。

・「忘れがたき」=忘れられない

・「つつがなしや友がき」=友だちは元気でいるだろうか。(つつがない=病気や障害がない)

・「思ひいづる」=思い出す

・「山はあをき」=里山の緑のこと

・「いつの日にか帰らん」いつの日にか、立身出世して帰ってくることができるだろうか(不安のなかの決意)

ふるさと(歌詞)

うさぎ追いし かの山
小ぶなつりし かの川
夢は今も めぐりて
忘れがたき ふるさと

いかにいます  父母
つつがなしや  友がき
雨に風に つけても
思いいずる ふるさと

こころざしを 果たして
いつの日にか 帰らん
山は青き ふるさと
水は清き ふるさと

 

作詞:高野辰之 作曲:岡野貞一


(許諾番号9020135001Y38029)

ふるさと(ピアノ伴奏)

國學院大學フォイエル・コール混声合唱団Ver.

ウィーン少年合唱団Ver.

おわりに

このサイトでは、小中学校の音楽の授業で役立てていただける情報を発信していきたいと思っております。小中学校の行事や音楽会で使える合唱曲も作っていますので、聴いていただけたら嬉しいです。

音楽会にオススメの合唱曲リスト

 

 

 

この記事を書いた人

弓削田健介(ゆげたけんすけ)

作曲家。主に小中学生が教室で歌う合唱曲を作曲(2020年より小学校の音楽教科書に楽曲が掲載) 全国を旅しながら年間150〜200回のスクールコンサートを行い、旅で得た体験を元に合唱曲を作曲。

児童合唱団との映像教材の制作や、日本の絶景と共に歌うユニット「Singing Beautiful Japan」としても活動中。

この記事の「シェア」での応援を、よろしくお願いします☆
よく読まれている人気記事:

Related Posts

LINE@版「放浪記」

音声で「旅から得た気づき」をお届けします。
スマホの方は↓↓から登録できます。 友だち追加
はじめてのかたへ(弓削田健介)
講演依頼

5月20日発売!16曲入りベストCD

カテゴリー

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930