全国を旅して 出会いを音楽に変える


「世界を旅する音楽室」へようこそ!

こんにちは。作曲家の弓削田健介です。

旅をして「体験したこと・感じたこと」をもとに、小中学生が歌う合唱曲を作るお仕事をさせていただいております。
プロフィールはこちらです。

今日は杉本竜一さん作詞作曲の「ビリーブ」をご紹介します。

ビリーブとの出会い

この歌との出会いは「小学校の先生になること」を夢見ていた大学時代。県の教育ボランティア「子どもの夢叶え隊」に参加しました。訪れた小学校の子どもたちの夢は「地元の竹で楽器を作って、演奏会をしたい」でした。

子どもたちが「ようこそ大学生のお兄ちゃんお姉ちゃん」と歌ってくれたのが、この「ビリーブ」で、涙が出るくらい感動しました。

それ以来、大好きになりました。しばらく経って、今度は教育実習でお世話になった小学校でも、体育館いっぱい、子どもたちが歌ってくれたときの感動も忘れられません。

時を経て作曲家として活動するようになりました。

「教育芸術社」さんとのお仕事を通じて中学生が歌うための「混声三部合唱」として、合唱編曲をさせていただきました。

いつまでも「いつかこんな曲を書いてみたいなぁ」と憧れの一曲です。

「Believe/ビリーブ」編曲者からのメッセージ

(教育芸術社のサイトより)
https://www.kyogei.co.jp/chorus/believe_y.html

Believe/ビリーブ(歌詞)

(1番)
たとえば君が 傷ついて
くじけそうに なった時は
かならず僕が そばにいて
ささえてあげるよ その肩を

世界中の 希望のせて
この地球は まわってる

いま未来の 扉を開けるとき
悲しみや 苦しみが
いつの日か 喜びに変わるだろう
I believe in future 信じてる

(2番)
もしも誰かが 君のそばで
泣きだしそうに なった時は
だまって腕を とりながら
いっしょに歩いて くれるよね

世界中の やさしさで
この地球をつつみたい

いま素直な 気持ちになれるなら
憧れや 愛しさが
大空に 弾けてひかるだろう
I believe in future 信じてる

いま未来の扉を開けるとき
I believe in future 信じてる

作詞・作曲:杉本竜一


(許諾番号9020135001Y38029)

東北の体育館で聴いた「Believe」

東日本大震災の後、学校の体育館で「合唱コンクールには行けなくなったけど、精一杯歌います。」と言って、この歌を歌っている子どもたちの姿に出会いました。

そこにいた大人たちがみんな、元気をもらっていました。子どもたちの歌声には、すごい力がある。そして、この歌の持つメッセージに改めて感動しました。これまでこの曲にどれだけの人が励まされたのでしょう。

この編曲版が収録されている楽譜です

弓削田健介作品集 しあわせになあれ 〜いのちと夢のコンサート〜 CD付

憧れの曲に敬意を込めて、一生懸命編曲しました。使っていただけたら嬉しいです。

「Believe」へのアンサーソング

2分の1成人式で歌っていただいている「どんなときも」は、Believeへのアンサーソングとして作りました。ピアノの後奏にちょっとだけBelieveのオマージュが登場します。

2分の1成人式の歌「どんなときも」

終わりに

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。このブログでは、リクエストをいただいた過去の名曲の紹介や、弓削田健介のオリジナル合唱曲の解説などをアップしています。

youtube版「世界を旅する音楽室」も日々更新しております。

もしお時間許されるようでしたら、ぜひ遊びに来てください。

そして、いつかどこかでお会いできる日を楽しみにしております。

よく読まれている人気記事:

LINE@版「放浪記」

音声で「旅から得た気づき」をお届けします。
スマホの方は↓↓から登録できます。 友だち追加
はじめてのかたへ(弓削田健介)
講演依頼

5月20日発売!16曲入りベストCD

カテゴリー

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
error: Content is protected !!