全国を旅して 出会いを音楽に変える

【大地讃頌】卒業式の定番!指導前に知っておきたいコツ・動画資料


卒業式や合唱コンクールの定番と言えば、「大地讃頌(だいちさんしょう)」。

「母なる大地の〜」から始まり、ハーモニーが厚く、だんだんと力強くなるサウンドが魅力的ですよね。

この記事では、作曲家の弓削田健介(ゆげたけんすけ)が、「大地讃頌(だいちさんしょう)」を授業で使いたい先生に向けて動画資料とコツを紹介します。

生徒たちにも「大地讃頌(だいちさんしょう)」の情報を伝えることで、より良い合唱になるはずです。


プロフィール

「大地讃頌」オーケストラ伴奏

まずは「大地讃頌(だいちさんしょう)」オーケストラ伴奏バージョンを見てみましょう。

素晴らしいですね。

段々と盛り上がっていくのが「かっこいい!」と人気です。

音楽の授業ではなかなかここまで人数を集められませんが、少人数でもかなり迫力が出る楽曲になっています。

「大地讃頌」の歌詞

「大地讃頌(だいちさんしょう)」は混声合唱とオーケストラのためのカンタータ『土の歌』の最後の第七章です。

1962年、作詞は大木惇夫、作曲は佐藤眞により書かれました。

『土の歌』の構成は以下の通り。

  • 第1楽章「農夫と土」
  • 第2楽章「祖国の土」
  • 第3楽章「死の灰」
  • 第4楽章「もぐらもち」
  • 第5楽章「天地の怒り」
  • 第6楽章「地上の祈り」
  • 第7楽章「大地讃頌」

人間として生きていくためには土が欠かせません。

土壌が劣化すれば食べ物を生産するのが難しくなり、私達人類は生きられません。

『土の歌』全体で命を育む大地への感謝を歌っているのです。

それを知った上で「大地讃頌(だいちさんしょう)」の歌詞を見てみましょう。

母なる大地の ふところに
我ら人の子の 喜びはある
大地を愛せよ 大地に生きる
人の子ら その立つ土に感謝せよ

平和な大地を 静かな大地を
大地を褒めよ 讃えよ土を
恩寵の豊かな大地 我ら人の子の
大地を褒めよ 讃えよ土を
母なる大地を 母なる大地を
讃えよ 褒めよ 讃えよ土を
母なる大地を ああ
讃えよ大地を ああ


(許諾番号9020135001Y38029)

「大地讃頌」パート分け

「大地讃頌(だいちさんしょう)」はパートそれぞれメロディーが異なるので、最初はパート別の音源を聞くと分かりやすいです。

ソプラノ・アルト・テノール・バス(+ピアノ伴奏)の動画資料とコツを見ていきましょう。

ソプラノ

ソプラノはメロディーを美しくするためにやわらかく歌い上げましょう。

アルト

アルトは音程を正確に取ることが重要です。

ひとまず自分のパートをキープできるよう、アルトパートだけの動画資料を聴かせます。

テノール

「大地讃頌(だいちさんしょう)」では、テノールが4つのパートの中で最も難しいとも言われます。

その分きっちりハマったとき、合唱の楽しさ・喜びを感じられることを伝えます。

バス

バスは和音で全体を支える大事な役割です。

胸に響かせる感覚を知るために、胸の真ん中に手を当てて歌ってみましょう。

ピアノ伴奏

まとめ

「大地讃頌(だいちさんしょう)」を指導する前に知っておきたい動画資料とコツを紹介しました。

『土の歌』の構成や歌詞の意味を知ることで、より感情を込めることができます

ソプラノ・アルト・テノール・バスそれぞれメロディーが違うため、最初は他のパートにつられてしまう子もいると思います。

各自パートをしっかり歌えるよう、パート別の動画・音源を用意するのがベターです。

「大地讃頌(だいちさんしょう)」は難しい曲ですが、合わさったときには聞く人を圧倒させることができるでしょう。

「大地讃頌」以外の卒業式にオススメの合唱曲

春はいま

旅立つ君へ(在校生から贈る歌)

忘れない

よく読まれている人気記事:

LINE@版「放浪記」

音声で「旅から得た気づき」をお届けします。
スマホの方は↓↓から登録できます。 友だち追加
はじめてのかたへ(弓削田健介)
講演依頼

5月20日発売!16曲入りベストCD

カテゴリー

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
error: Content is protected !!