全国を旅して 出会いを音楽に変える


「世界を旅する音楽室」へようこそ!

こんにちは。作曲家の弓削田健介です。


プロフィール

今日は「心の瞳」を紹介します。

心の瞳(歌詞)

心の瞳で 君を見つめれば
愛すること それが
どんなことだかわかりかけてきた
言葉で言えない 胸の暖かさ
遠まわりをしてた 人生だけど
君だけが いまでは
愛のすべて 時の歩み
いつも そばで わかち合える
たとえ あしたが 少しずつ 見えてきても
それは 生きてきた 足あとが あるからさ
いつか 若さを 失(なく)しても 心だけは
決して 変わらない 絆で 結ばれてる

夢のまた夢を 人は見てるけど
愛すること だけは いつの時代も
永遠((とわ)のものだから
長い年月(としつき)を 歩き疲れたら
微笑みなげかけて 手をさしのべて
いたわり合えたら
愛の深さ 時の重さ 何も言わず
わかり合える
たとえ 過去(きのう)を 懐かしみ ふり向いても
それは 歩いてた 人生が あるだけさ
いつか 若さを 失(なく)しても 心だけは
決して 変わらない 絆で 結ばれてる

愛すること それが
どんなことだかわかりかけてきた
愛のすべて 時の歩み
いつも そばで わかち合える
心の瞳で 君をみつめれば・・・・・


(許諾番号9020135001Y38029)

心の瞳(ピアノ伴奏)

この曲について

1985年5月に発売した「心の瞳」は、坂本九さんのシングル「懐しきlove-song」のB面に収録された曲。
坂本九さんは同年8月の日本航空123便墜落事故で亡くなってしまったため、この作品が遺作となり「心の瞳」がコンサートで披露されることはなかったが、中学校教諭が合唱曲に仕立てそれが広まっていったと言われています。最近では、TV番組の「表参道高校合唱部」でも歌われた名曲です。

新しい卒業ソングのご紹介

在校生から卒業生へ贈る歌「旅立つ君へ」

歌詞など詳しくはこちら

春はいま~卒業生が歌う「ありがとう」と「さようなら」~

歌詞など詳しくはこちら

 

よく読まれている人気記事:

LINE@版「放浪記」

音声で「旅から得た気づき」をお届けします。
スマホの方は↓↓から登録できます。 友だち追加
はじめてのかたへ(弓削田健介)
講演依頼

5月20日発売!16曲入りベストCD

カテゴリー

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
error: Content is protected !!