全国を旅して 出会いを音楽に変える

【立志式/決意の歌】千年樹の夢

この歌の楽譜はこちら

CDつき楽譜はこちら

千年樹の夢(歌詞)

空がやさしいこの街で
みどりの風に吹かれながら
どんなときでも 顔をあげて
ゆっくり歩いて行きたい

輝く朝も涙の夜も
すべて自分の胸に受け止めてゆく

そして
あの空に届きそうな
千年樹のような心で夢を見たい
変わらない想いだけが
一つだけの答えだと
僕は信じてるから

夢に踏み出すその日まで
守ってくれた笑顔がある
月に寄り添う一つの星
あの静かな優しさで

あなたがくれたかけがえのない
絆がそっと 僕に勇気をくれる

ずっと
あの空に届きそうな
千年樹のような心で夢を見たい
変わらない想いだけが
一つだけの答えだと
僕は信じてるから

あの空に届きそうな
千年樹のような心で夢を見たい
変わらない想いだけを
一つだけ胸に抱いて
君と生きてゆこう

この記事を書いた人

弓削田健介(ゆげたけんすけ)

作曲家。主に小中学生が教室で歌う合唱曲を作曲(2020年より小学校の音楽教科書に楽曲が掲載) 全国を旅しながら年間150〜200回のスクールコンサートを行い、旅で得た体験を元に合唱曲を作曲。

児童合唱団との映像教材の制作や、日本の絶景と共に歌うユニット「Singing Beautiful Japan」としても活動中。

この記事の「シェア」での応援を、よろしくお願いします☆
よく読まれている人気記事:

Related Posts

LINE@版「放浪記」

音声で「旅から得た気づき」をお届けします。
スマホの方は↓↓から登録できます。 友だち追加
はじめてのかたへ(弓削田健介)
講演依頼

5月20日発売!16曲入りベストCD

カテゴリー

2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031