全国を旅して 出会いを音楽に変える

僕には大好きな演奏場所があります。図書館でのコンサートです。実は、母が学校図書館の司書教諭をしていたこともあり、幼いころから図書館という空間が大好き(学生時代は市立図書館でアルバイトもしていました)でした。

アルバイトでお世話になっていた市立図書館の20周年をきっかけに、昨今、全国的に利用率が減っている「図書館」を盛り上げる歌「図書館で会いましょう」を作りました。そしてご縁をいただき、日本中の図書館関係者が集う「全国図書館大会」で披露させていただき、一年後には作品集「図書館で会いましょう」を出版することに。この歌は、この一連の出来事の、すべての原点を歌っています。

この記事を書いた人

弓削田健介(ゆげたけんすけ)

作曲家。主に小中学生が教室で歌う合唱曲を作曲(2020年より小学校の音楽教科書に楽曲が掲載) 全国を旅しながら年間150~200回のスクールコンサートを行い、旅で得た体験を元に合唱曲を作曲。

児童合唱団との映像教材の制作や、日本の絶景と共に歌うユニット「Singing Beautiful Japan」としても活動中。

よく読まれている人気記事:

LINE@版「放浪記」

音声で「旅から得た気づき」をお届けします。
スマホの方は↓↓から登録できます。 友だち追加
はじめてのかたへ(弓削田健介)
講演依頼

5月20日発売!16曲入りベストCD

カテゴリー

2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
error: Content is protected !!