世界を旅する 出会いから音楽が生まれる
    

この街で(歌詞)

今 君がくれた
たった一つの笑顔で
こんなにやさしくなれるなんて

Uh uh うまく言えないから
歌にするよ

あなたと歩きたい
ずっと このまま このままで
あなたを守りたい
ずっと このまま この街で

出会ったころから
子どものままの僕なのに
いつもそばにいて勇気をくれた

Uh  uh  うまく言えないけど
ありがとう

同じ夢を見たい
あの日誓った気持ちのままで
あなたと歩きたい
ずっとこのまま この街で

花が揺れている
田んぼ道の風にふれて
ゆっくり流れる時間が
僕らをつないでくれる
いつまでも

あなたと歩きたい
ずっと このまま このままで
あなたを守りたい
ずっと このまま この街で

作詞・作曲:弓削田健介

この曲が収録されている作品集のページ

弓削田健介作品集「図書館で会いましょう」web特設ページ

 

「この街で」は、大学を卒業し、小さな田舎町で「街の音楽家」として活動を始めた、最初の年(2007年)に作曲した歌です。日本全国、旅をしながらの演奏活動を始める前、日本の中心地、東京から、はるか遠く離れた小さな街で「身近な人とのつながり」を大切に生きること。そして子どもたちのための合唱曲を作り、ここから発信していくんだ。と言う決心を感じられる曲ができました。その頃、地元の農業組合(JA)のテレビCMソングに採用され、その年の広告賞をいただくこともできました。遠く離れたふるさとを感じられる一曲です。

A song composed in the first year when K.YUGETA started his career as a “town musician” in a small rural town after he was a student.

It is a song before his activity as a traveler.

In a small town far from Tokyo, the center of Japan, he made two decisions.

The first is to live carefully with “connection with familiar people”.

The second is to make chorus songs for children and send them from this town.

It was adopted as a TV commercial song by a local agricultural association (JA). And it won the advertising award that year.

↑シェアはこちらから↑
【この記事を書いた人】
弓削田健介(ゆげたけんすけ)
合唱作曲家。主に小中学生が歌う合唱曲を作曲。2020年より音楽の教科書に楽曲が掲載(小学校4年生・教育芸術社)。
キャンピングカーを拠点に合唱曲が歌われている日本全国の小中学校、海外日本人学校などで2000回を超えるスクールコンサートを行う。
旅から得た気づき、出会いと感動を元に作曲するスタイルで、5冊の楽譜集と絵本を出版。
NHK全国放送(おはよう日本)、NHKワールドなど多数のテレビ出演をきっかけに、「放浪の合唱作曲家」と呼ばれる。

Amazon著者ページ「弓削田健介」
YouTube「世界を旅する音楽室」

関連記事

LINE@版「放浪記」

『小中学校の先生限定』
LINEにて、指導に役立つ資料(動画や練習音源)を配布しています。
友だち追加
はじめてのかたへ(弓削田健介)
講演依頼

16曲入りベストCD

カテゴリー

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031