全国を旅して 出会いを音楽に変える


「世界を旅する音楽室」へようこそ!

こんにちは。作曲家の弓削田健介です。


プロフィール

今日はリクエストの多かった「翼をください」の解説をします。

人生は夏休み

ホスピスで演奏をさせていただいたある日。命の時間を大切に刻んでおられる患者さんに、こんな言葉をいただきました。

人生は夏休みみたいなものだった
夏休みみたいにあっという間に過ぎていった
宿題のような大変なこともあったけど
夏休みみたいに最後には友達と思い出がたくさんできた。
最後はね、お金も名誉も全部関係なくなって、友達と思い出が助けてくれる。
ゆげちゃん。友達と思い出、大事にな。

そして、リクエストいただいた曲が「翼をください」でした。
途中まで歌って、2番の歌詞が目に飛び込んできたとき、心が震えました。涙をこらえながら歌いました。
富でも名誉でもなく、自分にとっての翼ってなんだろう。子どもたちにとっての翼ってなんだろう。
そんなことを考えながら歌っている曲です。夏休みの最後に、答えがわかるのかな。

翼をください|歌詞

1.
いま私の願いごとが
かなうならば翼がほしい
この背中に鳥のように
白い翼つけてください
この大空に翼をひろげ
飛んで行きたいよ
悲しみのない自由な空へ
翼はためかせ
行きたい

2.
いま富とか名誉ならば
いらないけど翼がほしい
子どものとき夢みたこと
今も同じ夢に見ている
この大空に翼をひろげ
飛んで行きたいよ
悲しみのない自由な空へ
翼はためかせ

この大空に翼をひろげ
飛んで行きたいよ
悲しみのない自由な空へ
翼はためかせ
行きたい

ボーカロイド合唱団

職人技!
口が動くのが不思議!

「翼をください」の混声三部合唱
ゆげた編曲版がボーカロイド合唱になりました。

作っていただいたのは、
ボーカロイド合唱界の重鎮、合唱団Pさん。
感謝!

使っていただいているのは、
夏に出版した「しあわせになあれ」に収録の楽譜です。
http://amzn.to/1Ms2VGR

合唱団Pさんのボーカロイド作品はどれも澄んだ音色で
癒やされます。
ぜひ、他の曲も聴いてみてください。
新しい世界に出会えるかも!?

 

【VOCALOID合唱団ぷらす】
「翼をください」

 

A hit song sung by a Japanese folk group.

It is also published in Japanese music textbooks.

Covered by many musicians around the world.

この記事を書いた人

弓削田健介(ゆげたけんすけ)

作曲家。主に小中学生が教室で歌う合唱曲を作曲(2020年より小学校の音楽教科書に楽曲が掲載) 全国を旅しながら年間150〜200回のスクールコンサートを行い、旅で得た体験を元に合唱曲を作曲。

児童合唱団との映像教材の制作や、日本の絶景と共に歌うユニット「Singing Beautiful Japan」としても活動中。

この記事の「シェア」での応援を、よろしくお願いします☆
よく読まれている人気記事:

Related Posts

LINE@版「放浪記」

音声で「旅から得た気づき」をお届けします。
スマホの方は↓↓から登録できます。 友だち追加
はじめてのかたへ(弓削田健介)
講演依頼

5月20日発売!16曲入りベストCD

カテゴリー

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930